まずは自分のためのものを買おう

ちょっといいなと思うものを見つけたときに、「これ、お客さんが来た時にいいかも」と手に取ってしまうことがあります。誰かにプレゼントしたくなったり。
そんなことするよりも、とびきり自分が好きなものをまず集めようと最近よく感じるのです。
自分が一番自分の生活の中にいるのに、妄想の素敵な暮らしにいまだとらわれているのかもと。人を招くような。

私は一日に何度もコーヒーを飲みますが、長らく貰い物のマグカップを使っていました(小学校高学年からマグカップをもらい続けている気がする…)。気持ちがうれしかったり、素敵だったりで使うのですけれど、それ以外のお気に入りのマグカップも家には存在しています。で、両方使ったりしていたのです。
全く好みでなかったら使わないので、それなりに気に入っているはず。気持ちが乗っている分、好みとしての点数が甘くなっている可能性もある。

自分のベストのティータイムのセットや、朝ごはんのセットなんかがあると、ちょっとずつ生活が嬉しくなるし、嬉しい積み重ねが日々を作るので、たまに来るお客さんのことよりも、まず自分を楽しませて贅沢させよう。

私は自分の感じたことを漠然とため込んで、言語化しないとついつい忘れたりおろそかにしてしまうので、ちゃんと覚えておこう、という決意をこめて。

家はまず自分が心地良いことを大事にしよう。

 

一人暮らしをはじめるときに意外と役に立ったもの

もうすぐ春だなぁと、何となく一人暮らしのことを考えました。この時期になると、自分の部屋でそわそわと落ち着かない気持ちでベッドで布団をかぶっていた、あのはじめての空気を思い出すのです。

そんな一人暮らしで意外と役立ったものを羅列します。
自分がいらないと思っていたり、人からいらないよと言われたけれど、あって良かったなぁというものたちです。

はじめてのときって色々アドバイスされますよね。「必要なもの」よりも「無くても大丈夫」と言われることが多かった気がします。
なので、何かを選ぶならココらへんが大事でした、良かったです、みたいなことを書きたくなりました。
あとはコンセントを使いやすいようにしておくと色々な家電が使いやすくなります。沢山コンセントが差せる延長ケーブルも大事です。

 

◆洗濯機カバー
洗濯機をベランダに置いていたのですが、「外に洗濯機を置くならば、洗濯機カバーをつけるべし!」というアドバイスを友達から受けました。
ベランダに屋根があってもけっこう汚れるので、あってよかったです。
風で飛ばないようカバーがしっかり止められるもの、給水や排水のホースなどをカバーが邪魔しないかをチェックしておくといいです。かぶせるだけのカバーは飛んで行ってしまいます。

 

◆コードレスアイロンとアイロンマット
部屋の好きな場所で気軽にアイロンがけができるセットです。アイロンを出す工程が億劫なので、そこを少しでも手軽に。
アイロンマットは熱が多少こもるのですが「ときどき&少し」の使用には十分でした(洗濯時になるべくシワにならない気を付けて、基本はノーアイロンで過ごしています)。
アイロンはいらないと言う人もいるけれど、あった方が便利です。無かったらないで、洗濯に工夫したり、アイロン効果のあるスプレーやノーアイロンのシャツやクリーニングに出すなど別の必要が生まれます。
ちょっと気の張るところへ行くときに、シャツの襟もとやパンツのセンターラインをピシッとしておくときちんとした印象が増すように感じます。

山崎実業 アイロンマットアルミ 1649

山崎実業 アイロンマットアルミ 1649

 


ティファール電気ケトル
お湯が沸くまで台所に立っていなくて済むところが助かります。
(台所が一緒のワンルームならお鍋でもいいかもしれません)
また、本当に早く沸くので、「飲みたい」と思ってすぐ飲めるところがいいです。
ただ電気をものすごく消費するので、炊飯器や電子レンジの同時使用は注意が必要です。
(炊飯器は保温は同時でOKだけど炊くとブレーカーが落ちました) 


クイックルワイパーと起毛タイプのドライシート
フローリングの一人暮らしならこれがあれば掃除機はなくてもなんとかなります。
掃除機ほどは埃を集めきれないけれど、静かなので夜でも使えること、ワンルームなど寝室がメインの暮らしなら埃が立ちやすいので、こまめに掃除する気になることが良い点です。
使うときには長めの方が力がかけやすいので、柄の長いもの。
また、長さの調節をする際にしっかり締まって、緩まないものが使いやすいです。
無印良品、100円ショップ、イオンの家具コーナーにあったもの、と使ってみて、やっぱり本家のクイックルワイパーが一番だと感じます。
使い捨てシートも本家がさすがの品質です。
本家以外のオススメのシートはトップバリューの起毛タイプ20枚入りです。
通常の安くて沢山入っているものはあまりゴミが取れませんでした。

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

 

◆バスタオル

フェイスタオルがあれば生活には足りるけれど、1枚あると便利です。子連れの友達が来たとき、水漏れの対処、アイロンがけの下に敷くなど。普段は洗濯事情を優先しフェイスタオルでも、たまに使うとやはりいいなぁと思います。

 

お買い物の参考になれば幸いです。洗濯機カバー、私はゴムでフィットさせてかぶせるタイプ(マジックテープ付き)を選んで、やがて風の強い日に飛んで行ってしまいました。

素敵なお出かけを沢山しようとスニーカーを買った

ニューバランスのスニーカーを買った。

先代ニューバランスの底がダメになって数年。スニーカーがなかった。ユニクロの黒スリッポンを愛用していたけれど、長時間履くと足先が痛くなる。ちょっと細い。

スニーカーを買うことを後押しをしてくれたのは、アマゾンのメール。セールのお知らせを何となくクリック。なぜかメンズのアイテムが並ぶので、女性もののページへ。

クリッククリック。

気になるものを経てたどり着いた。靴のページ。
ちょうど探していた黒の皮のスニーカー。 スムース、スウェード、ヌバックの三種類の皮を使用している。ヌバックはかかとのブランド名のところだけで、主に使われているのはスムースとスウェード

アマゾンのレビューを読む。一件しかない。サイズ感を知りたい。

私は靴のサイズが23.5cmなんだけれど、ユニクロのスリッポンではじめて24cmを選んだ。それで、足のサイズが大きくなってしまったかな?と迷ってしまった。

別のCRT300のレビューを探して読む。細身という人と、サイズぴったりの人がいる。

で、結局24cmを買った。
私の足は幅はそこまで広くないけれど甲高だと感じていたので。

結論は、23.5cmを買ったほうが良かったかもしれない、です。少しかかとが動く。でも、24cmでも他の靴より履き心地がいいので十分です。

買った当初は履きにくかったのですが、歩き始めると伸びます。フィットしてきました。中敷きの凹凸も感じます。

なので、23.5cmでも良かったかなと思いました。

そしてアマゾンではなく楽天で買いました。レビューを探していたら楽天にも売っていたので。ちょうどクーポンがあったり、ポイントが沢山つくタイミングでした。


 

アマゾンと楽天の違い

・アマゾンのメリット:返品ができる。

楽天のメリット:タイミングが合えばお得に買える。

楽天のデメリット:返品ができない。

どちらも同じ値段。12960円が7776円に値下がり。

私は、おそらくどちらのサイズを選んでもそこまで困らない(紐で調整できる範囲のサイズ感)と考えたので、楽天を選びました。店舗では22.5cmや23.5cmなどの0.5cm刻みのサイズは販売していないようなので、そこまでぴったりじゃなくても大丈夫な商品ではないだろうか、とも想像したので。

楽天を選んだのは、どうせ新しい靴を買うなら一粒万倍日(ものごとを始めるのに良いとされる日)を意識してみようかなと思いついて、一度アマゾンで買うのをやめたからです。そしたら、ちょうど値段的にはお得に買えたのでした。
しかし、アマゾンだったら返品もしやすいし、23.5cmのぴったりサイズを入手できたかもしれないと思うと、何がお得かはわかりません。

この靴を履いて最初にしたことは、ひさかたぶりの友人と会うことでした。
幸先いいはず。

雑誌を付録目当てで買ってみた

雑誌を付録目当てで買ったのですが、付録がイマイチでした。雑誌自体は良かったです。

縫製とは周囲から5ミリなら5ミリのところをミシンをかけるものだと思うのですが、私の買ったものではだんだん斜めにずれて、際きわになっていたりしているのです。スナップボタンもとめにくい。ポケットも斜め。

交換しようか…とも考えたのですが、模様部分の毛足が長くて、そもそも私のイメージではなかった。もっとハラコ的な短い毛を想像していました。だんだんと、イメージと違ったからいいや、と思うようになりました。

新年早々の微妙にショックな出来事だったのですが、悪い運を使い果たし、これからは良いことが起こるといいな、な気持ちです。

これを思えるようになったのは、レビューで「外れでした」と書いている人たちのおかげです。がっかりしました、とか書いているんですけれど、そこまで攻撃的な文章ではありませんでした。攻撃的な文章って、関係なくても感情を刺激されたり、ダメージを受けることがあるのですが、そういう感じではなかった。もっと抑制の効いた方々が書いているように感じます。

ありがとう、星を少なくつけた方たち。あなた方のおかげで私の気持ちは落ち着きました。

付録を開けてがっかりしてから丁寧に封をし直して読まずにしまっていたのですけれど、レビューを読んで気持ちが落ち着いたので本誌を読みました。なかなか良かったです。付録が気に入っていた雑誌よりも、自分に合う内容でした。

そういえば、私はそもそも雑誌が好きなのでした。かつて雑誌を読みすぎて飽きてしまい、忘れていましたが。

In Red(インレッド) 2018年 2 月号

In Red(インレッド) 2018年 2 月号

 

ちなみにコレです。
今月は石原さとみさん祭りやな、と雑誌売り場で思いました。

 

年初の勢いのままに下書き保存されていたこの記事。その後なにかいいことがあったかというと、年賀状のふるさと小包が当たりました。
せっかくなので記録しておきます。

新年なので歯ブラシを新しくした

新年だから、と新しい歯ブラシを使いはじめました。
ちょうどまとめ買いしていた歯ブラシが12月で切れそうだったのです。

選んだのは、こちら。

歯ブラシ職人 田辺重吉の磨きやすい歯ブラシ 極 LT-09(12本入)

歯ブラシ職人 田辺重吉の磨きやすい歯ブラシ 極 LT-09(12本入)

 

私が買ったときは色が選べず全部ゴールドが届きました。一人で使うつもりなのでいいのですが、家族で使うならアソートで三色届くほうが良いかもしれません(短い間に色がアソートになっています。ちょっと悔しい)。

この歯ブラシの特徴…それは、長い!柄が長いんです!
長さがあるから持ちやすかったり、力がいい具合にかかるのだと思うのですが、とにかく微妙に長いです。
洗面台に作り付けの歯ブラシ立てがぶら下げるタイプなのですが、ぶら下がれず下についてしまい、斜めに立てかける状態になっています。

磨き心地はすごくいいです。ツルツルになります。汚れがよく落ちている実感があります。
歯ブラシって、最初は「よく磨ける」と思っても、急速に磨けている感触がなくなるように感じるのですが、この歯ブラシはまだまだツルツルになっている印象です。
すごくオススメです。

「そうだ、歯ブラシを買おう」と思い立ったとき、以前何かでこの歯ブラシのことを読んだ記憶がありましたが、名前がわかりませんでした。
そこで当初「ハミガキ おすすめ」で検索したら、歯磨き粉のほうの記事ばかりヒットし、そこで「歯ブラシ おじさんの名前」で検索したら全く関係ない記事が出てくるので、「歯ブラシ 職人」で検索して見つけました。
見つかって良かったです。 

 

あとはドルツも併用しています。意外と手軽です。

 でも少し気合がいるので(季節的に洗面所が寒いのも理由)、歯や歯磨きについて見聞きした時やサッパリしたいときに一度やると、しばらく続けられます。
毎日やっているときは不思議と毎日できます。