ホットケーキをこんがりキツネ色に焼くには

 f:id:shiorinote:20140514030316j:plain
今回は、ホットケーキをこんがりキツネ色に焼く方法です。


ぐりとぐら』でサンタさんが焼いてくれたケーキのような色が憧れです。

ポイントは二つ。
●一度あたためたフライパンをぬれ布巾に乗せ、
「ジュッ」といわせて冷ますこと
(一枚ずつ焼くたびにこの作業をします)
●テフロン加工のフライパンを使い、
 油をひかないこと
(鉄製フライパンならサラダ油をコットンでうす~く拭くように馴染ませる)

熱いままだと生地を落とす段階で焼けてしまって、変な模様になったりします。
ほどよくあたたかいと生地がキレイに広がるのです。
同じところに生地を落としようにして、
その落ちる力で自然と広がると形も丸くなります。

形が整ったところで火を点けます。
焼くときにはバターを使うと美味しいんですけれど、
生地がフライパンに均等に密着することが難しくなります。
火の通り方も変わります。
なので油はうす~く引くか、油のいらないテフロン加工がおすすめ。

 気をつけることいくつか。
・焼く前…膨らまなくなるので混ぜすぎないこと。
 少し粉っ気が残っているくらいでヨシ。
・ひっくり返す前…ぷつぷつ穴があき始めたらフライ返しで焼け目を確認する。
 シロクマちゃんのホットケーキのように沢山空いてからだと裏面はムラになります。砂糖が入っているため焦げやすいので、焼きすぎに注意です。
・両面焼いたら火をとめて、最初に焼いた面をもう一度下にします。
 それからひっくり返してお皿に乗せると、キツネ色の面があたたまって、バターがよく溶けて美味しく食べることができます。
     

さらに美味しく作るには、ちょっとお高いおいしいミックス粉を使うこと。
ホテルニューオータニホットケーキミックスおすすめです!)
記載の分量をちゃんと守ること。
バターとメープルシロップをたっぷりで食べること。
ホイップクリームを添えるとなおよし。ですよ~